2010年04月07日

ペットの遺体・不法投棄

昨日、TV局から電話があって、
ペットの葬儀でトラブルになった方を紹介してくれないかと言われました。

当事務所では、過去に相談がありましたが、最近ではないので、
どこまで協力できるかはわかりません、と答えました。

その日の夕方のニュースということで、
私も非常に忙しかったこともあり、
結局、力になれませんでした。

何かと思いきや、以下のようなニュース。

ペット業者が不法投棄か 正丸峠 イヌなど死骸100匹

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
飯能市坂元の正丸峠に、イヌなどの死骸(しがい)約百匹が散乱していたことが六日、関係者への取材で分かった。県警はペット関連業者が不法投棄した可能性が高いとみて、廃棄物処理法違反の疑いで捜査を始めた。

 捜査関係者らによると、現場は車の通行量の少ない旧国道299号沿い。「ペットが捨てられている」との通報を受け、県警は県や市とともに山中を捜索し、三月二十六日に約八十匹を回収。同三十一日、さらに十五匹を新たに見つけ、回収した。

 イヌの死骸には純血種もあり、洋服を着たり、オムツをつけたりしていたものもいたことから、ペットだったとみられる。ネコの死骸もあった。名前が記された首輪や、個体識別用のマイクロチップは見つかっておらず、県警はペット関連業者が外し、遺棄した疑いが強いとみている。遺棄範囲は数キロに及び、未回収の死骸も残っており、数年間にわたって百匹以上が旧国道から投げ捨てられていた可能性があるという。

    ◇

 「ペットは生ごみではないのに…」。二月に現地を訪れた東京都板橋区のペット愛好家の女性が重い口を開いた。女性は、黒いビニールに入った、少なくとも十匹のイヌの死骸を見つけた。洋服を着ていた姿などから「ペットの葬儀業者が捨てた可能性もあるのでは」と話す。

 「ペットブームを背景に関東だけでも数百社が乱立しており、もし同業者なら、火葬設備がない闇業者が遺棄したのかもしれない」。日本ペット訪問火葬協会の理事長で、ペット葬儀会社「ジャパンペットセレモニー」(東京都世田谷区)社長の藤本政光さんはこう推測した上で「この業種は届け出の必要はなく、法的整備も必要なのでは」と指摘した。

 現在、死骸は飯能市のごみ処理施設に保管されている。本来は「地元自治体で焼却処分にする」(県産業廃棄物指導課)のが原則だが、女性らの強い希望により業者に委託して近く火葬場で荼毘(だび)に付されることになった。 
(山口哲人、小沢誠介)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ひどい話です。

ニックネーム 福本健一 at 08:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

盲導犬の「価値」

交通事故で盲導犬が死亡した事件における判決がありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
盲導犬事故死、294万円賠償命令「価値、白杖と違う」
2010年3月6日1時31分

視覚障害の男性と盲導犬がトラックにはねられ、盲導犬が即死した事故で、盲導犬を育成し、無償で貸与していた財団法人「中部盲導犬協会」(名古屋市港区)が、高知県内のトラック運転手と運送会社に計607万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が5日、名古屋地裁であった。松田敦子裁判官は「盲導犬は視覚障害者の目の代わりとなり、精神的な支えともなっている。その価値は白杖(はくじょう)とは明らかに異なり、育成に要した費用をもとに考えるべきだ」として、計294万円の支払いを命じた。

 男性が盲導犬を失い精神的苦痛を被ったとして計220万円の損害賠償を求めた訴えについては、「後遺障害の逸失利益などの示談が成立しており、改めて賠償を求めることはできない」として、棄却した。原告弁護人によると、盲導犬の交通事故をめぐる判決は全国初という。

 松田裁判官は盲導犬の価値について、「盲導犬としての特別な技能を付与され、付加価値を得ている」として、「盲導犬は歩行補助具にすぎない」とする運転手側の主張を退けた。

 その上で、損害額を検討。同協会の1頭あたりの育成費用(453万円)や、盲導犬の平均的な活動期間(10年)から、事故で即死した盲導犬が残り5年間は活動できたと認めた。単純計算で約230万円となるが、「男性との共同生活の中で経験を積み、貸与時と比べて高い技能を身につけていた」と判断。約30万円を上積みし、260万円と算定した。

 判決によると、事故は2005年9月26日午前10時ごろ起きた。静岡県吉田町の交差点で、近くに住む熊沢尚(たかし)さん(74)と、ラブラドルレトリバーの盲導犬「サフィー」(当時6)が右折してきたトラックにはねられた。熊沢さんは頭などに重傷、サフィーは熊沢さんをかばう形でトラックとぶつかり即死した。

 同協会は盲導犬の特殊性と希少性を主張。一方、運転手側は同犬種の子犬の価格(10万円)など計20万円が損害と反論していた。(志村英司)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「高い技能」ということで、通常の犬よりは、はるかに高額な賠償金が認められたということですね。

ただ、慰謝料が認められなかったのは、ちょっと残念です。

記事から判断すると、
飼い主本人に、入院・通院・後遺症に対する慰謝料が払われているので、(おそらくは、損害保険からの支払い)
「盲導犬を失った心の痛み」については、不問に付されてしまったようですね。

ともあれ、「盲導犬の価値」について、重要な判例になるものと考えられます。
ニックネーム 福本健一 at 08:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

現代の鷹匠

女子中学生が活躍しているとか・・・

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
鷹匠少女に依頼殺到 「ピピッ」とひと吹き、害鳥駆除

女子中学生の鷹匠(たかじょう)が、タカとともに各地を飛び回っている。佐賀県武雄市の石橋美里さん(15)。笛の合図でタカを自在に操り、ハトやカラスを追い払う。害鳥に悩む九州や四国のごみ処分場や大学から、依頼が相次いでいる。

 「ピピッ」。笛で合図すると、田んぼを低空飛行していたタカが翼をはたたき、革手袋をはめた美里さんの左手へ舞い降りた。タカの名は、桃太郎。ハリスホークという種類の4歳のオスだ。「きずなみたいなのがあって、私に戻ってくるんです」

 子どものころから、大空を自由に飛び回る鳥の姿にあこがれていた。小学2年のとき、父親の秀敏さん(43)にねだってハヤブサを飼ったのが始まりで、今では家の庭にあるビニールハウスでタカとハヤブサを2羽ずつ飼う。

 鷹匠の技術は独学で身につけた。タカ狩りの伝統のある英国の文献やビデオを秀敏さんが知人から譲り受け、美里さんがほとんど1人で学んだ。一番苦労したのは、飼い始めの頃のエサやりだ。「このときに上下関係をしっかりと作れば、どんな訓練もうまくいく」。一方で、ひとりっ子の美里さんは、タカやハヤブサを弟のようにかわいがってきた。

 5年前からは、タカを神様としてまつる同県唐津市の諏訪神社の秋季例大祭に、タカの飛行を奉納している。

 害鳥に悩む各地から「出動依頼」が次々に入る。カラスの被害を受ける四国のごみ処分場やハトの糞(ふん)害に悲鳴を上げる福岡市の大学など、昨年は九州を中心に約30回出向いて、タカを飛ばした。実費をもらいながらの活動だ。

 「継続的にやれば、タカが飛んだ場所は生態系が変わる。原始的だが、効果も大きい」と秀敏さん。航空機のエンジンに鳥が衝突する「バードストライク」の予防にと、佐賀空港でタカを飛ばすテストをしたこともあるという。

通常の害鳥駆除では、鳥を銃で撃ったり、わなで捕獲したりする。だが、タカは飛ばすだけで一定の効果が出る。美里さんは、自身の活動の意義を「無駄に命を落とさずに済む」と話す。その一方、自分が飼うタカの命は、エサとして与えるヒヨコの命に支えられている。「いつも命に感謝しています」

 現在中学3年生で、受験シーズンのまっただ中。毎晩午後10時ごろに塾から帰ると、タカの体重をはかり、健康状態を確かめてエサをやる。

 春からは高校生。タカを扱える獣医師への夢を温めている。(小川直樹)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

鷹匠というと、中学生のときの国語の教科書に出ていた話を思い出します。

こういう話を聞きますと、需要はありそうですが、
「プロ」としてやるのは、なかなか難しい感じがします。

将来は獣医さんになりたいとのことですが、
難関なんで、頑張ってほしいですね。
ニックネーム 福本健一 at 09:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

ペットの通信販売

インターネットを利用した売買が盛んです。

売り方、買い方、双方にとって、確かに便利ではありますが、
その便利さはトラブルと表裏一体と言っても過言ではありません。

たとえば、通販で購入したペットが、
到着して数日で体調を崩してしまったとします。

そうした場合、近くの業者さんならば、すぐに連れて行って、
状況を説明することが可能です。

遠隔地にブリーダーないしペットショップがあると、
なかなかうまく対応できないことが、往々にしてあります。

電話やメールでやりとりしても、十分な対応がなされないのです。
その結果、大切なペットにまさかのことが有ったら・・・

また、通販の場合、空輸にしても陸輸にしても、
長時間の輸送となり、幼いペットは、体調を崩しやすい。

さらには、実物を見ないで購入を決めることは、
大きなリスクを伴います。

もちろん、お金を払ったのにペットが送られてこないなどというのは論外ですが、何かと問題が多くなる通信販売。

法律の規制が必要だと考えます。
ニックネーム 福本健一 at 11:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

犬肉・猫肉の話

中国のニュースです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
中国初の動物愛護法、犬肉・猫肉料理禁止へ

【1月26日 AFP】中国では昔から猫肉と犬肉を食べる習慣があるが、これが同国初の動物愛護法で禁止される可能性が出てきた。国営・重慶晩報(Chongqing Evening News)が26日、伝えた。

 重慶晩報によると、この動物愛護法案は、犬や猫の肉を食べた場合、最高5000元(約6万6000円)の罰金および最高15日間の禁固刑を科す。また、犬肉・猫肉を提供する「組織」に対しては、1万〜50万元(約13万〜660万円)の罰金を科すことを定めているという。

 この法案は、過去数年間にわたって起草作業が進められてきた。重慶晩報は法案が成立する時期の見通しについては述べていないが、中国では草案の承認までに数年かかることが多い。

 中国では、動物愛護の意識が高まっているものの、犬猫の食用目的での飼育や動物への虐待が今でも広く続いている。犬肉は、「香肉」とも呼ばれ、提供するレストランは中国全土に並んでいる。また、猫肉を食用する習慣が最もみられるのは中国南部で、ネコ数百匹〜数千匹を肉販売所へ運ぶトラックを動物愛護グループの人びとが阻止しようとしたといった報道が、普段から伝えられている。(c)AFP
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「カルチャー」の問題は、非常に難しいものです。
我が国でも、鯨の問題があります。

そもそも、ある民族が、自らの基準を中心にして、
別の民族の食習慣をとやかく言うのは、
不遜なことだと考えます。

自らのスタンダードと違うからといって、
「野蛮だ」とか「非常識だ」などというのは、
傲慢以外のなにものでもない。

こういう態度は、白色人種によくみられ、
自分たちが一番上であると頑なに信じて疑わないから
他の民族に横槍を入れる。

奴らにとっては、自分たちが「正義」であるから、
何を言っても耳を貸そうとしない。

非常にタチが悪いし、悪意に満ちている。

挙句は、人間の身の安全を省みない行動に出たりする。
こういうことについては、断固とした態度を示さねばなりません。

今回の件ですが、
どうやら、中国国内で、反対運動があるようですね。

対外的に圧力がかかったのか、
それはどういった経緯なのかわかりません。

中国は広いですし、多民族国家なので、
雑多なカルチャーが交錯しているのだとは思います。

ただ、西洋の価値観を鵜呑みにしての行動だとしたら、
たいへん残念な話です。
ニックネーム 福本健一 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

たけしのTVタックル

1/18(月)に放送されたものの内容が
「どうする!?ペット大国ニッポン!!」でした。

この放送に先立って、
取材に協力してくれる人はいないか?という問い合わせが
番組制作スタッフから、当事務所にありました。

去年の11月下旬のことです。

悪徳ブリーダーの元従業員や悪徳動物病院に勤務していた方ということでした。
何人かご紹介したのですが、出演には到らなかったようです。

ただ、この番組の中で、私が所属している「動物愛護管理法を見直す会」のスタッフがインタビューされているのがあったり、またこの会に参加していただいている環境省の方も、出演されていました。

今年は、動物愛護管理法の改正の年。
地道な運動が必要です。
ニックネーム 福本健一 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

ペットにかみ殺される・・・

カナダの話です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
カナダ人男性、ペットのトラにかみつかれ死亡
1月13日 12時32分

[トロント 11日 ロイター] カナダ人の男性が、オンタリオ州西部にある自身の農場で飼育していた体重約300キロのトラにかみつかれ死亡した。地元警察が11日発表した。

 それによると、複数の野生動物を飼育していたノーマン・ブワルダさん(66)は10日午後、トラの囲いの中で亡くなっているのが見つかった。目撃者はいなかったが、事故から少し後に家族から警察に通報があったという。

 トラの処分についての決断は、家族と現地当局者に委ねられた。

 ブワルダさんの所有地では、6年前にも10歳の男の子がシベリアトラに襲われる事故があった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ネコ科ですから、じゃれついたのかもしれませんが、
体重300キロですからねぇ。

お気の毒としか言いようがありません。

30年位前、我が千葉県でも、とあるお寺が飼っていたトラが逃げ出すという事件がありました。
結局、射殺されてしまい、なんか可哀相だな・・・なんて子供心に思った記憶があります。

ちなみに、トラを飼うには、特定動物(危険動物)に関する都道府県知事又は政令市の長の許可が必要です。

特定動物については、環境省HPに詳細があります。
「トラ」という項目はありませんが、食肉目ねこ科ヒョウ属にトラが含まれます。
ニックネーム 福本健一 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

2010年の展望

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

穏やかなお正月らしい気候で幕を開けた2010年ですが、
ペットにとって、どんな年になるのか、考えてみました。

まず、大きな動きとしては、動物愛護管理法の改正があります。
おそらくは、6月あたりに公布されるでしょうから、
そこまでに内容を精査して、より良いものを提案する必要があります。

これは昨年「動物愛護管理法を見直す会」が組織され、
活動を開始しました。
私も顧問として、協力をしております。

政権が交替し、事業仕分けなどで、
いろいろなムダが取りざたされています。

しかし、動物行政という点では、割振られた予算というのは
本当に微々たるもので、お寒い限り。

やはり何をするにも、先立つものが無ければ、
実行できないのは事実です。

そんなことも含めて、今年は活動していきたいと考えています。
ニックネーム 福本健一 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

ノラ猫の話&年末のご挨拶

先週のノラ猫の話の補足です。

遺失物法という法律があります。
落し物とか亡くした物に関する法律ですね。

我が国の法律上、動物は物(ブツ)である以上、
持ち主のわからない犬や猫は、かつてはこの法律に基いて、
然るべき処置が取られていました。

警察に届けられ、警察で預かるということですね。

しかし、平成19年に、改正遺失物法が施行され、動物に関する規定が変わりました。

これにより、持ち主のわからない犬や猫は
動物愛護法に基づき、都道府県等に引渡しをすることもできるようになりました。

たとえば、東京都では、飼い主のわからない犬やねこを拾ったときは、東京都動物愛護相談センターに引取りを求めることができます。

また、警察で一時的に預ったものを、東京都動物愛護相談センターに引渡しをすることもできるとのこと。

 ただし「首輪や鑑札がある場合」や「拾われる前まで飼われていたと思われる場合」については、飼い主の調査をしますので、今までどおり交番や警察署へ届けてくださいとのことです。

さて、一年間、お読みいただきまして、ありがとうございます。
来年も、情報発信をしていきたいと思います。

では、よいお年を迎えてください。
ニックネーム 福本健一 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

ノラ猫は誰のもの?

都心では、ノラ犬というのは、とんと見かけなくなりましたが、
ノラ猫はまだまだいますね。

庭で粗相をしたり、ゴミ置き場を漁ったりと、我々人間にとって迷惑になる行為をすることもありますね。

さて、このノラ猫なんですが、誰のものなんでしょうか?
今日は、法律の話です。

法律上、猫は「物(ブツ)」であり、ノラ猫は野生の生き物と同じく、
所有者の存在しない無主物(ムシュブツ)です。

無主物は、誰かが所有の意思をもって占有することより、
その人に、所有権が発生します。

これを、無主物先占(ムシュブツセンセン)といいます。
(民法第239条1項)

ですから、民法上は、ノラ猫を拾ってきて飼うと、
その人が「飼い主」となります。

では、単に餌をやっているだけの場合はどうなるのか?
これは、非常に難しい問題です。

たとえば、誰かが餌を与えているノラ猫がトラブルを引き起こした場合、
責任は誰が取るのか?

「私は餌をやっているだけで、飼っているわけではないから、私に責任は無い」という論理もありえるわけで、事態をややこしくします。

一つ言えることは、餌をやるから、
ノラ猫が集まり、迷惑行為をするということ。
トラブルの元を作っていると言えます。

法律上は飼い主でないから、責任が無いというのは、
道義的にいかがなものなのか?
と考えます。

ニックネーム 福本健一 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする