2009年03月05日

飲食店とペット

通常のファミリーレストランは、ペットの同伴不可です。

かつては、一律に入店禁止でしたが、最近は盲導犬・聴導犬などが認知されてきており、そういう動物についてはOKとなっているところがほとんどです。

ともあれ、家族の一員であるペットを、
お店に同伴したいのは、飼い主の心情。

ただ、ある意味、レストランは「公共の場」で
かつ飲食をするところです。

よくあるのは、「サルモネラ菌防止のため、入店お断り」という表示ですね。

「うちの子は室内犬だからきれいだし、無駄吠えもしないから、いいじゃない!」とおっしゃる方もいらっしゃいましょう。

動物嫌いの人はともかく、
動物アレルギー(体毛などな反応)がある人もいますから、
やはり、規制をかけるのは、しかたないのかな・・・とも思います。

そんな中、ペット同伴を前提にしたカフェなども、人気のようですね。

触って遊んで癒やされて 「猫カフェ」相次ぎオープン

ニックネーム 福本健一 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

苦悩の野良猫問題

野良猫をめぐる問題が、全国的な広がりを見せています。
以下のニュースがありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
野良猫 捕獲か共存か 自治会、割れる対応
2009年02月19日 asahi.com

 住民同士が裁判で争うなど、野良猫の餌やりをめぐるトラブルが絶えない。立川市でも、1匹残らず「捕獲」するのが最善と市に対応を迫る自治会があれば、一方で住民が世話して「共存」する自治会もある。こうした現状を踏まえ、市は新年度から野良猫に関するトラブル解決の支援に乗り出す。(須藤龍也)

 多摩川河川敷に接する立川市南部の柴崎町。住民の青木誠さん(67)は07年12月、河川敷で餌やりをしていた女性に注意しようと袖を引っ張ったところ、逆に暴行容疑で警察に訴えられ、取り調べを受けた。「こんな悔しい思いは生涯忘れられない」

 この地域では、野良猫が庭を荒らし、道ばたにフンが転がるなど被害が絶えないという。河川敷という場所がら、散歩ついでに餌やりをする人も少なくない。地元自治会「柴五会」は今年、野良猫を捕獲し、餌やり禁止を求める約600人の署名を数回に分け市に提出した。加藤富博会長は「猫アレルギーで病院に通う住民もいる。無責任に餌やりをする人たちと共存はあり得ない」。

 同市北部、栄町の自治会は対照的に野良猫と「共存」の道を選んだ。昨年3月、住民有志が「栄町猫対策委員会」を発足。約500メートルの遊歩道の生け垣に住みついている40匹以上の猫に不妊・去勢手術を施し、寿命まで世話する。俗に言う「地域猫」活動だ。

 野良猫に関する苦情や相談会を14日に開くなど、啓発活動も熱心だ。ただ、獣医師の好意で相場の半額以下とはいえ、1匹5千〜1万円かかる手術費用はカンパが頼り。発足1年で100万円を超え、資金調達も限界に来ている。

 代表の宮本充さん(50)は「もはや個人のレベルで解決できる問題ではない。市の重大な課題といってもいい」。

 市はこうした声を受け、栄町猫対策委員会のような団体を支援する「地域猫活動推進事業」に新年度から取り組む。19日発表される09年度当初予算案に約80万円が盛り込まれる予定だ。

 清水庄平市長は昨年、朝日新聞の取材に「手術費用の助成やトラブル解決に市が仲立ちするなど、包括的な支援を考えたい」としていた。

 野良猫については、三鷹市に住む将棋のプロ棋士が、猫への餌やりをめぐって住民から損害賠償請求訴訟を起こされるなど住民同士のトラブルになるケースが増えている。一方で、荒川区が罰金を科して餌やりを禁止する条例を4月に施行するなど行政の動きも出てきた。

 解決策はあるのだろうか。

 「捕獲も共存も、野良猫をなくしたいという本来の趣旨は一緒なんですけどね」

 こう語るのは、都動物愛護相談センター多摩支所(日野市)の小沢公男獣医師だ。不妊・去勢をした野良猫が増え、次々寿命を迎えれば個体数は自然に減る。とはいえ、目の前に野良猫がいる現実が耐えられない人には、受け入れがたい話といえる。

 小沢獣医師は、互いに歩み寄れる環境づくりのために次の三つを提案する。猫好きには(1)トイレや餌場を分散し、猫を1カ所に集めない(2)餌やり後の掃除の際、街のごみ掃除も一緒にする、猫嫌いには(3)「フンを憎んで猫を憎まず」の気持ちで――。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「フンを憎んで猫を憎まず」というフレーズは言いえて妙ですが、
フン害に悩む人が、そう簡単に割り切れるものか・・・

問題の根は深いと言えそうです。

ニックネーム 福本健一 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

飼い主検定

世は、ある意味、検定ブームです。
先日、世間を騒がせた漢字検定などは、受験者が270万人にのぼるそうですね。
一大産業と言えますね。

ところで、犬の飼い主検定なるものがあるそうです。

正式名は「動物愛護社会化検定」だそうで、
「犬の飼育方法やメディカルケア、関連の法規、飼い主の飼育マナー、など広い範囲から出題します。」とのこと。

「関連の法規」というのは、動物愛護法や狂犬病予防法なんでしょうか?
メディカルケアというのも、結構、難易度が高そうです。

いろいろな検定があるものです。
ニックネーム 福本健一 at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

起業家稼業セミナー開催!

動物ネタではありません。

本日、東京駅近辺で以前告知した起業家稼業セミナーを開催。

参加者は10名でしたが、
開業者・開業準備者・学生・外国人経営者と多彩な顔ぶれ。

全員での名刺交換から始まり、
名刺交換.jpg

第1部「起業とは?」
第2部「行政書士は食えない国家資格か?」

IMG_0993.JPG

と、硬軟、成功・失敗、悲喜こもごもをおりまぜ、
中身の濃いものになったと自負しています。

また、2次会では、酒の勢いも借り、
たいへん盛り上がりました。

いい経験になりました。

ニックネーム 福本健一 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

ペットの範囲

最近は、ペットブームに便乗してなのか、
ペット可という不動産物件が多くなってきています。
それを一つの「ウリ」にして、集客しようということなのでしょう。

ところで、この場合のペットというのは、どこまでなんでしょう?

ペットと言えば、犬と猫が代表的なものですが、
哺乳類では、ウサギ、ハムスター、フェレット
鳥類では、インコ、オウム、九官鳥
魚類では、熱帯魚、金魚、
爬虫類では、ヘビやトカゲやカメ、
両生類では、カエルやおたまじゃくしなんかもありますよね。

どこまでがOKあるいはNGなのか?
そういう素朴な疑問が湧きます。
それに対して、以下のような記事がありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
賃貸物件のペット不可ってどこまで?
2009年2月17日(EXCITE)

先日ペットショップで、かわいいハムスターを発見! 思わず連れて帰りそうになったが、よく考えたら、今の私のマンション(賃貸)はペット不可だった。

でもいわゆる「ペット不可」の“ペット”ってどの範囲を指すのだろうか? 個人的には金魚やカメはOKな気もするけど……。

そこで全国で900以上の賃貸斡旋店舗を展開しているアパマンショップの広報の方に話を聞いてみた。
「契約書上のペットにはすべての生き物が含まれますので、金魚やカメも含まれます。したがって、ペット可は全部のペットがOKと言いたいところですが、ペット可の場合でもペットの種類を限定しているケースが目立ちます。また、ペット不可の場合も、インコ・ハムスター・カメ・金魚あたりは、オーナー様や管理会社に相談してみると、まれにOKが出ることもあります」

どうやらオーナーの意向によるところも大きいので、まずは事前に相談するのが良さそう。たとえばハムスターも、真夜中にカタカタと音を立てて回し車で元気に遊ぶ。壁の薄い部屋なら隣から苦情が来る可能性がないわけではない。

ところで、ペット可物件は増えているのだろうか?
「比較データの詳細はありませんので体感値ですが、都内でいうと、一時期のブームのときよりは減少傾向にあるようです」

実際の割合は、『ペット可能物件の割合』(※2008年8月8日付け アパマンショップ調べ)によると、全国平均は9.6%、首都圏に限れば11.6%。都道府県別のベスト3は、東京都17.3%、北海道15.7%、大阪府11.8%。最も少ないのは島根県の0.9%である。

また、全体的な傾向として、
「建物コンセプトや立地条件(動物病院やトリマーから近いなど)までしっかり考えられた“ペット共生型賃貸住宅”としての物件が求められています」
単に家主側が空室対策として、既存物件を“ペット不可”から“ペット可”と条件変更するだけでは、ペット愛好家の満足は得にくくなっているそうだ。

ちなみにペットに限らず最近の物件の傾向は?
「分譲設備並みの設備、たとえばファミリー物件なら追い炊き機能・オートロック・システムキッチンなど。単身物件なら、オートロック・ブロードバンド・浴室乾燥機を備えた物件が増えています」
理由としては、供給過剰感から他物件との差別化を図るため、また借り手の分譲マンションとの比較検討傾向が進んだことなどが挙げられるという。ほかにも時代背景を反映して、
「敷金礼金ゼロの物件を扱っているサイト(アパマンショップダブル0)も非常に好評です」

こうした物件の多様化にともなって、物件探しの技術も進歩している。たとえば同社の店舗では、“お部屋探しシステム”を使って、周辺情報も含めた最適物件を案内。1月15日〜3月31日は「新生活パワーアップキャンペーン」も実施中とのこと。

ペット可否をはじめ、自分にとって必要な条件をよく吟味して、お気に入りの物件を見つけたいものです。
(古屋江美子)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

不動産業界も、あの手この手のようです。
ニックネーム 福本健一 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

希少動物の輸出

久々に、ワシントン条約関係の業務が来ました。

付属書に記載のある動物を、ヨーロッパの某国へ持っていくという案件。

かつて、ヘルマンリクガメをアメリカへ輸出する業務をしましたが、
まあ、細かい書類が多くて参りました。

ちなみに、管轄は、経済産業省で、サイトはこちら


今回のケースは、もともと海外から日本に輸入されたものを、
さらに別の国に輸出するということなので、「再輸出」にあたります。

この業務で大変なのは、「輸入した際に相手国政府当局が発行した輸出を認めた旨の書面(輸出許可書)」の取得です。

これは、日本の業者から取り寄せるのですが、
もしも、業者間で売り渡されている場合、全業者を追っかけて、
流通経路を明らかにせねばなりません。

ともあれ、「動物法務」というのは、こんなこともやります。
ニックネーム 福本健一 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

♪柱のキズは・・・

端午の節句にはちょっと早いですね。

さて、ペットを室内で飼う人にとって、
室内の汚れやキズなどは、たいへん気になるところではないでしょうか?

そうした中、ペイントメーカーから、ペット関連グッズが発売されます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
床壁用「キズ・汚れ防止シート」 アサヒペン

(株)アサヒペン(田中猛社長、大阪市鶴見区)は、犬や猫の室内飼育で、傷みやすいフローリングや壁紙を保護する「キズ・汚れ防止シート」2種類を2月下旬から発売する。

「フローリング用キズ・汚れ防止シート」は、犬猫の爪や傷がついたり、粗相でシミが出来たりしやすいフローリングを保護するもの。

素材は、ポリエステルのツヤあり透明シート。ハードコート仕様でキズに強く、ノンスリップ加工で滑りにくくなっている。粘着剤はアクリル系樹脂。水を使わず簡単に貼れ、糊残りもしにくい。気泡を残さない特殊構造なのでキレイに貼ることが出来る。

「ビニルカベ紙用キズ・汚れ防止シート」は、ペット特有の引っかき傷から壁紙を保護するポリエステルシート。半ツヤ透明・ツヤ消し透明の2タイプがあり、壁に貼ってもシートが目立ちにくく、水を使わず裏面フィルムを剥がすだけで簡単に貼ることが出来る。

猫の爪とぎ対策をはじめ、洗面所や台所などの水回り、飲食店など、汚れが気になる壁に貼っても効果的。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

賃貸の物件ですと、敷金の返却にも大きな影響を及ぼしますから、
この商品は、スグレモノになるように思えます。
ニックネーム 福本健一 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

新資格?

環境省の報道発表資料に、
「鳥獣保護管理プランナー等の募集について(お知らせ)」というのがありました。

新しい国家資格なのか?と思って、ページを見てみました。

鳥獣保護管理プランナー
鳥獣保護管理捕獲コーディネーター
鳥獣保護管理調査コーディネーター

その下に、

「(※) この事業は、鳥獣保護管理に係る技術者に関する情報を提供するものであって、登録者に対し公的な資格や権利等が付与されるものではありません。」

という注意書きがありました。

しかし、カタカナ肩書きの効果か、大仰な感じがしました(笑)。

なんにしても、この登録制度の目的は、
イノシシやニホンジカなどの分布域の拡大等による生態系等への被害を食い止めようということのようです。

うまく機能してくれるといいのですけどね。

ニックネーム 福本健一 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

ペットの取得方法

みなさん、ご自分のペットは、どのように入手しましたか?

私の感覚では、近所で生まれた犬・猫を貰ってくるというイメージが強いのですが、最近はそういうことも稀で、ショップやブリーダーから購入というのが一般的なようです。

そうした中、アメリカの事情を伝えるニュースがありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「買う」から「もらう」へ…… 米国ではペットの「里親・里子制度」がトレンド
2009年01月27日 (日経)

先日、ローカルラジオでコマーシャルを聞いていた時、家具屋さんの宣伝の最後に「Don't buy pets from pet stores. Simply adopt them from animal shelters(ペットショップでペットを買うのを止めましょう。代わりにアニマル・シェルターから里子をもらいませんか)」というメッセージが流れました。米国は個人や中小企業レベルでもチャリティーが盛んで、時々こういった慈善活動のメッセージをコマーシャルの間にも加えているのです。

 ペットを飼うために手に入れる方法といえば、

 「ペットショップで買う」
 「個人ブリーダーから買う」

 というのをまず思い浮かべますが、アメリカではここにもう一つ、

 「アニマル・シェルターから引き取る」

 という方法が加わります。いわゆる動物愛護協会などが運営している場所から、捨てられたり、元の飼い主が世話をしきれなくなった動物をもらってくるのですが、どうやらアメリカではこれが大変一般的なようです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

我が国でも、里親制度は存在しますが、ボランティアの方々が細々とやっているのが実情のようです。

殺処分については、このブログで何度も取り上げていますが、
毎年数十万匹が「処分」されています。

その一方で、ペット産業は花盛り。
一匹何十万円もする動物が、日々、売買されている。

里親制度、普及して欲しいものだと思います。
ニックネーム 福本健一 at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

情報交換セミナー開催します

ペット関連じゃなく、ビジネスセミナーです。

『起業家稼業セミナー』

全員参加型の双方向セミナーです。

日時:2009年2月21日(土)14時〜17時
場所:JR東京駅近辺の会場(申込者には、個別にお知らせいたします)
会費:2000円(資料代等含む)
   なお、セミナー終了後、懇親会を予定してます。
   会費は4〜5000円です。

参加資格者
1.行政書士の資格保持者
2.行政書士試験の受験生
3.行政書士開業1年未満の方
4.他士業でも、上記1〜3に当てはまる方

ペット法務の話も出るでしょう。

お申し込みは、『起業家稼業セミナー』で。



ニックネーム 福本健一 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

ペットホテルへの賠償

興味深い判決が出ました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
愛犬逃がしたペットホテル、60万円賠償命令 福岡地裁 
朝日 2009年1月23日8時1分

 ペットホテルに預けた飼い犬が逃げ、精神的苦痛を受けたとして、福岡市の20代の女性がホテルを経営する同市の会社に150万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、福岡地裁であった。岸和田羊一裁判官は「自宅にいることが多い女性は飼い犬を子どものようにかわいがっていた」とした上で、会社側の過失を認め、慰謝料など60万円の支払いを命じた。

 判決によると、女性は08年1月11日から14日まで、県外の知人に会うため、飼い犬のチワワをペットホテルに預けた。女性は預ける際、飼い犬はほかの犬を怖がるので一緒に散歩させないでほしいと伝えていた。しかし、13日夜、ホテル従業員が別の犬と一緒に散歩中、ひもが外れて逃げ出してしまった。会社側はチラシを配ったり、新聞広告を出したりして捜したが、今も見つかっていない。

 判決は、会社側が当初、女性の飼い犬を捜していないのに「捜索中」と説明したことなどから「女性への説明が真摯(しんし)なものではなかった」と指摘。「ホテルは女性の指示に反した結果、飼い犬を逃がしてしまった」と会社側の過失を認めた。

 ペット訴訟に詳しい渋谷寛弁護士(東京)によると、ペットを逃がしたペットホテルに賠償を命じた判決は珍しいという。60万円という賠償額については「ペットへの飼い主の愛情を法的に評価するようになった最近5、6年の流れに合致したもの」と述べた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まず注目すべきは、ペットホテルに賠償を命じた判決であるということ。
記事中にもありますが、「珍しい」。
というか、初めてではないのか?と思います。

次に、60万円という賠償額。
内訳がわかりませんので、このうちのいくらが慰謝料なのかは解りかねますが、犬の原価がこの中にあるとしても、数十万円となりましょう。

私のHP:ペットトラブル110番の中にも、ペットホテルからペットが逃げてしまったという事例がありますが、今回の判決により、こういうケースで被害者側が取るべき対応、請求する賠償額などの道筋が見えたように思います。

ニックネーム 福本健一 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

動物関連の資格

愛玩動物飼養管理士という民間資格があります。
(社)日本愛玩動物協会 というところが、主催してます。

HPからの抜粋
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
本協会では動物関係法令や動物愛護運動史、保健衛生、公害問題、動物の疾病予防、管理士の社会活動、各種動物の飼養管理、犬猫のしつけ等の知識を体系的に習得・普及する指導員を養成するため、「愛玩動物飼養管理士」認定制度を設置しております。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

こういった資格を設置した背景には、
「動物の習性や適正な飼養管理の知識の不足から、ペットを飼いきれなくなったり、近隣とのトラブルを起こしてしまったりする事例はあとを絶ちません。」(同HPより)

要は、ペットを適切に飼いましょう!という資格のようです。

ちなみに、動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)では、
動物取扱業を営むものに、登録を義務付けていますが、
その要件として、「動物取扱責任者」を設置するものとしています。

この動物取扱責任者の要件として、
愛玩動物飼養管理士の資格が認められています。

詳しくは、東京都福祉保健局のHPへ。

愛犬飼育管理士、愛玩動物飼養管理士、JAHA認定家庭犬しつけインストラクター、家庭動物販売士、公認訓練士、GCT(Good Citizen Test)などなど。

まあ、いろいろな資格があるものですね。
ニックネーム 福本健一 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

ペットフードの問題

ペットの食べ物は、かつての「ねこまんま」(ごはんに味噌汁をかけたもの)に比べれば、格段に進歩しています。

しかしながら、ここにきて、人間の食物と同様、安全性についていろいろと問題が噴出してきています。

そうした中、以下のようなニュースがありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−
有害ペットフード防げ 緊急連絡網整備へ 農水・環境省
2009年1月20日8時0分

 ペットの食中毒情報を全国から素早く集めて対応するため、農林水産省と環境省は09年度から、緊急連絡網の整備に乗り出す。有害なペットフードが流通しないようにする狙いで愛玩動物用飼料安全性確保法が6月に施行されるのを受けて、食べ物による異常を早期発見できる態勢をペットフードでも整える。

 新しい連絡網「ペットフード・リスク情報ネットワークシステム」は、全国の獣医師をつないで情報を集める。ペットの異常を訴える飼い主から、症状や食べたペットフードの情報を得てシステムに入力。他の獣医師の情報で類似した事案があれば、両省が調査に乗り出す。有害物質が含まれるなど違反が見つかった場合は回収や販売中止を命じる。09年度に運用方法を検討し、早ければ10年度にも試行する。

 07年春に北米でメラミンが混入したペットフードを食べた犬や猫が大量死したのを受けて、政府は08年に安全法を制定。それまで業界の自主基準はあったが、国がペットフードの製造・表示方法に基準を定め、罰則を設けて取り締まれるようにした。

 ペットフードの安全性には消費者の関心も高く、両省が実施した国民意識調査では、約8割が「食品と同様か一般の商品以上の安全の確保を進めるべきだ」と答えている。(山口智久)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「家族の一員」であるペットについて、食生活に気を配るのは、
飼い主としては、いわば当然のこと。

消費者が安心して生活できるよう、こうした形でもっともっと行政が動いてくれることを願う次第です。

ニックネーム 福本健一 at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

医療過誤の慰謝料、高額化

ちょっと前ですが、
以下のような記事がありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−
ペット治療ミス、賠償金高額化 裁判所「強い愛情」認定
2009年1月11日12時45分

 犬や猫などペットの医療過誤をめぐる訴訟で、敗訴した獣医師側が飼い主に支払う損害賠償が高額化している。昨秋言い渡された東京高裁の控訴審判決では、慰謝料が一審の倍額となる40万円になった。最近の判決では、ペットを家族同然にかわいがる飼い主の「愛情」を反映させた内容も多い。専門家は「訴訟に向けた飼い主の相談件数は年々増えている」と話す。

 「我が子同様に可愛がり、強い愛着を抱いていた」

 東京高裁で昨年9月にあった控訴審判決で大坪丘裁判長は、原告である神奈川県二宮町の主婦(45)の愛犬ミニチュアダックスフント「桃子」への思いをこう認定した。

 主婦は桃子が02年に診断ミスで適切な治療を受けられず死にかけたと訴え、判決は、約400万円の請求に対し、慰謝料や入院費など計約63万円の賠償を横浜市内の動物病院に命じた。桃子は07年1月に死んだ。

 判決は病院側の過失を指摘したうえで、主婦が設備の整った環境で治療するために自宅から離れた病院に通ったことも考慮、慰謝料を一審横浜地裁判決の20万円の倍となる40万円とした。主婦側によると、病院側は判決を不服として最高裁に上告した。病院側は「係争中で答えられない」としている。

 ペットの医療過誤訴訟は1970年前後から起こされている。68年5月には飼い犬の出産による死亡を巡る訴訟で、東京地裁が飼い主の財産的損害と精神的苦痛の慰謝料として、獣医師に5万円の損害賠償を命じる判決を言い渡した。

 ペットは法律上は「物」扱い。ただ、近年はペットを家族同様にかわいがる人が増え、ペットの購入価格も上昇した。「飼い猫は家族の一員というべき存在」(02年3月の宇都宮地裁判決)「夫妻にとってかけがえのない存在になっていた」(04年5月の東京地裁判決)など飼い主の精神的苦痛を認定する判決も少なくなく、損害賠償は高額化。ここ数年は顕著で、数十万〜数百万円に上る判決も出るようになった。人の医療過誤と同様に獣医師が死因鑑定をする訴訟もある。

 ペット訴訟を多く担当する渋谷寛弁護士によると、相談がほとんどなかった10年前と違い、今は年間10件以上の訴訟相談があるという。渋谷弁護士は「『番犬』というイメージは昔の話。飼い主の『愛情』と精神的苦痛の大きさを認める判決が増えているのは時代の流れからいえば当然だ」と話している。(長野佑介)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今回、慰謝料が40万円とされました。

記事中にもある04年5月の東京地裁判決は、
夫婦で60万円、一人30万円の慰謝料というもので、
ある意味、「画期的」なものでした。

それが、今回、プラス10万円の40万円の慰謝料。

ちょっと前に、ペットがコンパニオンアニマルなどと言われ始めたと思うのですが、その後急速に、そういう意識が広まり、今では家族の一員、パートナーなどという位置付けがかなり定着してきています。

弁護士さんがおっしゃるように、
慰謝料の高額化は「時代の流れ」なのでしょうね。
ニックネーム 福本健一 at 18:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

痛ましい事故

愛知でのお話。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
人に襲いかかった大型犬、警官が射殺 愛知・稲沢市 (朝日新聞)
2009年1月11日1時50分

 10日午後8時45分ごろ、愛知県稲沢市増田東町の民家から「飼い犬が迷い犬に襲われた」と110番通報があった。稲沢署員が駆けつけると、土佐犬が民家の近くで、犬を連れて散歩中の男性を襲うなどしたことから、同署地域課の男性巡査(25)が拳銃を2発発射し、射殺した。

 同署によると、土佐犬は民家の飼い犬をかみ殺し、署員が駆けつけた後、飼い犬を連れて散歩していた男性(39)に近づき、さらにドアが開いていたミニパトカーに入り込んだ。別の巡査(27)が押し出すと、土佐犬は再び男性に襲いかかり、覆いかぶさった。腕の中でかばっていた飼い犬を男性が離すと、土佐犬はそれを追いかけて巡査の方に向かってきたため、発砲したという。

 土佐犬は体長約125センチ、体高約74センチ。約4.5キロ離れた同県甚目寺町の建築業の男性(58)が所有する3歳のオス。11日朝、男性が「犬がいなくなった」と同県津島市内の交番に申し出たという。

 稲沢署によると、この男性は土佐犬愛好家の団体に所属し、これまで4頭を飼育した経験があるという。自宅敷地内の手製のフェンス(縦3.5メートル、横2.8メートル、高さ1.4メートル)内で飼っていたが、フェンスの一部が低くなっており、土佐犬は乗り越えて逃げたのではないかとみて、男性から詳しい飼育状況を聴いている。拳銃の使用について、同署の後藤久雄副署長は「放置すれば被害が広がる可能性が高く、拳銃の使用は適正だったと判断している」とコメントしている。

 現場は清須市や甚目寺町との境に近く、田畑や住宅が混在している地域。土佐犬に飼い犬を殺され、110番通報したという近所の主婦(45)によると、10日午後8時40分ごろ、庭で飼っていた11歳の柴犬(しばいぬ)が悲鳴をあげるのが聞こえた。息子が庭に出ると、土佐犬が柴犬の首にかみついていたという。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

なんとも痛ましい事故です。

ニュースを読む限りでは、この土佐犬は、他の犬に対して、異常な敵意を持っていたようですね。

この犬が闘犬かどうかはわからないのですが、
多分にそういう性質なのかもしれません。

飼い主の過失は大きいと思います。

いずれにせよ、亡くなった二匹の冥福を祈ります。
ニックネーム 福本健一 at 05:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

ペット税について

昨年末に、自民党の動物愛護管理推進議員連盟が
「ペット税」を導入論を検討しているという話をしました。

これを受けて、とある会社が、web上で、意識調査をしました。
その中間報告です。

ペット税導入には58%が賛成 - ペット税導入について世論調査

<以下、抜粋>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Web2.0型世論調査サイト「世論調査.net - みんなの声!」
http://www.yoronchousa.net上で、実施されている調査

『ペット税導入!賛成ですか?反対ですか?』の途中結果をお知らせします。

【結果】  -2009年01月06日 12:14:23現在

・ペット税導入に賛成 214票(58.15%)

・ペット税導入に反対 111票(30.16%)

・分からない 28票(7.61%)

・その他 9票(2.45%)

・白紙票 6票(1.63%)


■結果画面へはこちらからもどうぞ
http://www.yoronchousa.net/result/6562

リアルタイムの調査結果や詳細な属性別結果は、回答することにより閲覧することが可能です。
結果画面では回答者のコメントを確認できるとともに掲示板上では様々な観点からの議論も行われております。

-------------------------------調査概要-------------------------------
調査期間 :2008年12月28日より2009年3月27日まで実施中
調査方法 :インターネット上での公開型アンケート調査
調査対象 :インターネット利用者
回答数   :368  
回答者属性:
 男女比  男性 72.3%  
      女性 27.7%
年代比  10代  2.4%  
20代 12.0%  
30代 25.3%  
40代 28.5%  
50代 15.8%  
60代 12.5%
70代以上 3.5%
地域比  北海道 5.4% 
      東北  5.4% 
      関東 42.9% 
      中部 12.8% 
      近畿 19.0% 
      中国  4.9% 
      四国  2.7% 
      九州・沖縄 6.5% 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

賛成が反対の約2倍ですね。
それぞれの理由が無いのが残念ですが、
大変興味深い結果です。

やはり、多くの人が、年間数十万匹にも昇る殺処分数を
尋常ではないと考えている、ということが伺われます。

国会の動きにも注目ですね。

ニックネーム 福本健一 at 06:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年もいろいろと情報を発信していきたいと思います。
よろしくお願いします。

まずは、ほのぼの話題から。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ゾウさん書き初め、器用に「うし」「丑」鼻高々 朝日

宮崎市の市フェニックス自然動物園で2日、人気者のアジアゾウ2頭が書き初めをした。大勢の子どもたちが見守る中、鼻で器用に支えた筆を白い紙に走らせた。

 1カ月前から練習したという。雄の「たいよう」は今年の干支(えと)「うし」と「寿」に挑戦。ゾウ使いのタイ人職員の棒に従って鼻を動かし、ゆっくりと豪快に書き上げた。

 雌の「みどり」が書いたのは漢字の「丑(うし)」と花の絵。難しい漢字も書く姿に「ぼくにも書けないのにすごい」と驚きの歓声が沸き、ゾウは満足そうに鼻を上げていた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

象は知能が高いそうですね。
「すごい!」の一言に尽きます。
ニックネーム 福本健一 at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

年末のご挨拶

まもなく、2008年が終わろうとしています。

この一年、みなさまにとって、どのような年でしたでしょうか?
私は、去年に比べれば、特に変わったことも無く、
つつがなく過ごしてきたという感じです。

来年は、自分のビジネスをパワーアップすべく、
いろいろなことにチャレンジしていきたいと思っています。

よいお年をお迎え下さい。

行政書士 マルケン事務所  所長 福本 健一
272-0824 千葉県市川市菅野6丁目8番8−101号
TEL 047-710-4411 FAX 047-710-4412 スカイプ maruken39
C P 090-1126-9432  MAIL dream@maruken.biz
マ ル ケ ン 事 務 所 http://www.maruken.biz/
社団財団ドットコム http://shadan-zaidan.com/
ペットトラブル110番 http://www.pettrouble110.com/
労働トラブル110番 http://www.labortrouble110.com/
相続遺言110番  http://www.souzokuyuigon110.com/
建設業許可ドットコム http://www.kensetsugyokyoka.com/
相続手続き代行センター http://www.souzokucenter.jp/

ニックネーム 福本健一 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

ペット税導入?!

年の瀬も押し詰まった昨日、衝撃的なニュースがありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−
無責任な飼い主減らせ、自民議連が「ペット税」導入論
12月28日3時14分配信 読売新聞

 自民党の動物愛護管理推進議員連盟(会長=鳩山総務相)は、犬や猫などの飼い主に課税する「ペット税」の導入に向けた議論を近く開始する。

 動物を飼ってもすぐに捨ててしまう飼い主を減らし、ペットを取り巻く環境改善につなげる狙いがある。議連では、ペットを購入する際に一定額の税金を全国一律で課すことを想定している。

 近年、ペットの飼い主が「飼うのに飽きた」などといった安易な理由で、ペットを捨てるケースが増えている。2006年度末時点で全国の自治体に引き取られた約37万4000匹の91%が殺処分され、社会問題化している。

 環境省はペットの引き取り数を17年度末までに約21万匹に抑える方針を打ち出しているが、財政難にあえぐ自治体は十分な対策を講じる余裕がないのが現状だ。この自治体の対策費の不足分を補う財源として、ペット税が浮上した。

 ペット税の税収は、〈1〉ペットと飼い主の特定につながる鑑札や体内埋蔵型マイクロチップの普及〈2〉自治体が運営する動物収容施設の収容期間を延長するための運営費〈3〉マナー向上の啓発運動費用−−などに充てる方向だ。

 議連では、「ペット税導入には、動物愛護団体からも前向きな声が寄せられている。飼い主ばかりではなく、ペット業者にも『大きく育ち過ぎたから処分してほしい』といったモラルの低下が見られるという。新税導入で殺処分減少に効果があるかどうか、検討したい」としている。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

殺処分については、このブログでも何度も取り上げてきました。
その具体的な方策として、税金を課すという話になったわけです。

ちなみに、以前、ある自治体では、ペットの引き取り(=殺処分)を無料から有料にしました。
その効果があったかどうか(処分数が減ったかどうか)は、報道されていません。

ここに来て、税金の導入が検討されているとのこと。
どれほどの効果が見込めるのか、よく検討して欲しいものです。

今回の税は、購入時のものらしいですが、
毎年の予防注射時の課税、ペットフードへの課税など
いろいろなケースが考えられましょう。

それがしっかりと管理運営されるならば、
悪い話ではないと考えるのですが・・・
ニックネーム 福本健一 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

イライラ日本!

最近、車を運転していて感じるのですが、
クラクションの鳴らし方が乱暴な人が多い。

別に、そんな鳴らし方をしなくてもいいじゃない?
そう思うことがしばしばあります。

先行きの見えない世相を反映しているのでしょうか?

そんな中、こんなニュースがありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−
「将来不安定でストレス」ネコ殺す 容疑の男書類送検
2008年12月19日20時57分

 ネコを地面に投げつけて殺したとして、大阪府警鶴見署は19日、同府守口市の無職の男(26)を動物愛護法違反(殺傷)容疑で書類送検した。府警によると、男は大学卒業後、派遣社員やアルバイト暮らしが続き「友人がみんな就職しているのに自分は将来が不安定でストレスがたまっていた」と供述しているという。

 同署によると、男は11月20日、大阪市の鶴見緑地で野良ネコのしっぽをつかんで地面に投げつけ、殺した疑いが持たれている。男は調べに対し「散歩中、ネコに癒やしを求めてなでようとした」「威嚇されたので腹が立った」とも話したという。

 男は今年4月から聴講生として京都市内の大学に通っていたという。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

癒しを求めたはずが、威嚇されたので殺した・・・

なんとも短絡的で、唖然としてしまいます。
悲しい事件です。
ニックネーム 福本健一 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする