2010年01月30日

犬肉・猫肉の話

中国のニュースです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
中国初の動物愛護法、犬肉・猫肉料理禁止へ

【1月26日 AFP】中国では昔から猫肉と犬肉を食べる習慣があるが、これが同国初の動物愛護法で禁止される可能性が出てきた。国営・重慶晩報(Chongqing Evening News)が26日、伝えた。

 重慶晩報によると、この動物愛護法案は、犬や猫の肉を食べた場合、最高5000元(約6万6000円)の罰金および最高15日間の禁固刑を科す。また、犬肉・猫肉を提供する「組織」に対しては、1万〜50万元(約13万〜660万円)の罰金を科すことを定めているという。

 この法案は、過去数年間にわたって起草作業が進められてきた。重慶晩報は法案が成立する時期の見通しについては述べていないが、中国では草案の承認までに数年かかることが多い。

 中国では、動物愛護の意識が高まっているものの、犬猫の食用目的での飼育や動物への虐待が今でも広く続いている。犬肉は、「香肉」とも呼ばれ、提供するレストランは中国全土に並んでいる。また、猫肉を食用する習慣が最もみられるのは中国南部で、ネコ数百匹〜数千匹を肉販売所へ運ぶトラックを動物愛護グループの人びとが阻止しようとしたといった報道が、普段から伝えられている。(c)AFP
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「カルチャー」の問題は、非常に難しいものです。
我が国でも、鯨の問題があります。

そもそも、ある民族が、自らの基準を中心にして、
別の民族の食習慣をとやかく言うのは、
不遜なことだと考えます。

自らのスタンダードと違うからといって、
「野蛮だ」とか「非常識だ」などというのは、
傲慢以外のなにものでもない。

こういう態度は、白色人種によくみられ、
自分たちが一番上であると頑なに信じて疑わないから
他の民族に横槍を入れる。

奴らにとっては、自分たちが「正義」であるから、
何を言っても耳を貸そうとしない。

非常にタチが悪いし、悪意に満ちている。

挙句は、人間の身の安全を省みない行動に出たりする。
こういうことについては、断固とした態度を示さねばなりません。

今回の件ですが、
どうやら、中国国内で、反対運動があるようですね。

対外的に圧力がかかったのか、
それはどういった経緯なのかわかりません。

中国は広いですし、多民族国家なので、
雑多なカルチャーが交錯しているのだとは思います。

ただ、西洋の価値観を鵜呑みにしての行動だとしたら、
たいへん残念な話です。

ニックネーム 福本健一 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック