2009年12月31日

ノラ猫の話&年末のご挨拶

先週のノラ猫の話の補足です。

遺失物法という法律があります。
落し物とか亡くした物に関する法律ですね。

我が国の法律上、動物は物(ブツ)である以上、
持ち主のわからない犬や猫は、かつてはこの法律に基いて、
然るべき処置が取られていました。

警察に届けられ、警察で預かるということですね。

しかし、平成19年に、改正遺失物法が施行され、動物に関する規定が変わりました。

これにより、持ち主のわからない犬や猫は
動物愛護法に基づき、都道府県等に引渡しをすることもできるようになりました。

たとえば、東京都では、飼い主のわからない犬やねこを拾ったときは、東京都動物愛護相談センターに引取りを求めることができます。

また、警察で一時的に預ったものを、東京都動物愛護相談センターに引渡しをすることもできるとのこと。

 ただし「首輪や鑑札がある場合」や「拾われる前まで飼われていたと思われる場合」については、飼い主の調査をしますので、今までどおり交番や警察署へ届けてくださいとのことです。

さて、一年間、お読みいただきまして、ありがとうございます。
来年も、情報発信をしていきたいと思います。

では、よいお年を迎えてください。

ニックネーム 福本健一 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック