2009年12月18日

猟犬が悪さを!?

ちょっと恐い事件がありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
高校に猟犬や野犬乱入 次々かみつき生徒4人けが 三重
2009年12月17日20時29分

 17日午後1時半ごろ、三重県松阪市飯南(いいなん)町粥見(かゆみ)の県立飯南高校から「乱入した犬に、生徒4人がかまれた」と110番通報があった。

 松阪署によると、近くに住む農林業の男性(57)が同校の裏山でイノシシ猟のため放した猟犬5頭が、別の野犬2頭ととも同校グラウンドなどに乱入。練習中のサッカー部員など1、2年生の男子生徒4人の太ももやふくらはぎに次々とかみついた。4人のけがは軽いという。

 猟犬はいずれも体長70〜80センチの中型犬で、約1時間後に地元の猟友会などが捕獲、収容したが、野犬は逃げた。どの犬が生徒をかんだのかはわかっていないという。

 同校の裏山は、シカやイノシシの猟区で、猟犬の飼い主の男性は「約35年、地元で猟をしてきたが、猟犬が人里に下りたのは初めて。獲物のにおいにつられたのかもしれない」と説明。同校の宇田克巳校長は「生徒の命にかかわる問題で、二度と乱入が起きないようにしてほしい」と話した。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この校長先生がおっしゃる通り、「命にかかわる問題」です。
これが、幼稚園だとか保育園だったらと思うと、背筋が凍ります。

猟犬たちは、野犬と意気投合しちゃったのでしょうか?

管理をしっかりして欲しいですね。

ニックネーム 福本健一 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック