2009年11月26日

動物虐待は犯罪です!

今、沖縄県のとある公園で、猫の虐待・殺害が頻発しているということで、市議会に対する陳情書作成の業務を承っています。

この虐待は、2008年2月から現在に至るまで、確認されただけでも十数件に及んでいます。

刑事告発はすでにされていますが、犯人検挙には到っておりません。

動物虐待等を行う者が悪いのはもちろんではありますが、
公園内にペットである猫を捨てる飼い主の存在も忘れてはなりません。

無責任に猫を捨てる飼い主は後を絶たず、捨てられた猫を、別の何者かが虐待し死に到らせ遺棄するという悪循環が続いています。

なお、動物愛護法には、以下の規定があります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第44条  
1  愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
2  愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行つた者は、五十万円以下の罰金に処する。
3  愛護動物を遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する。
4  前三項において「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう。
一  牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
二  前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの
−−−−−−−−−−−−−−−−−

以上を踏まえ、
・動物虐待に対する罰則強化
・ペットの飼育を放棄し、遺棄した飼い主に対する罰則強化
・防犯カメラの設置などの防止策構築」
・市民への啓発活動・情報発信
などを盛り込んだ陳情書を作成しているところです。

ニックネーム 福本健一 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック