2009年08月25日

国際問題?

日豪関係にヒビ?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
和歌山・太地町のイルカ漁に抗議、姉妹都市提携停止 豪
2009年8月24日22時1分

【シンガポール=塚本和人】オーストラリア北西部ブルーム市の議会が22日、和歌山県太地町のイルカ漁に抗議して、同町との姉妹都市提携を停止することを全会一致で決めた。市議会は「イルカを殺す限り、姉妹都市は続けられない」としている。

 同市に対しては、太地町のイルカ漁を隠し撮りしたドキュメンタリー映画が今夏、米国や豪州などで上映されたのをきっかけに、イルカ漁を批判する立場から姉妹都市提携の解消を求める電子メールや手紙が、国内外から多数寄せられていた。

 反捕鯨団体「シー・シェパード」の幹部は市側の対応を歓迎したうえで「日豪関係の発展のためには、日本がイルカやクジラを殺すことをやめることだ」と話している。

 同市は19世紀末、太地町からの移民が真珠採取に携わるなど歴史的なつながりが深いことから、1981年に姉妹都市関係を結んでいた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

停止ならば停止でいいんじゃないですか。

アングロサクソンというのは、いつも自分たちの価値観が正しいと考えています。
ただ、それだけならばいいのですけど、それを他人にまで押し付けようとする。

オーストラリアでは、ディンゴという犬の一種が、乱獲で絶滅してうとしてます。
害獣とみなされ、駆除されているのです。

こんなのには何も言わないで、感情論のみで、イルカはだめ、クジラはだめ、などと主張する。

そして、シーシェパードなんていう団体は、人間に危害を与えても、動物を守ろうという主張をする。

なんとも捻じ曲がった感覚です。
どうにかならないか・・・
ならないでしょうね。

ニックネーム 福本健一 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック