2009年06月20日

外来生物の話

外来生物法上、特定外来生物に指定されているブラックバスについて、
以下のようなニュースがありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−
恐るべしブラックバス 2週間で池の生物3分の1食べる2009年6月20日7時50分

 生態系に悪影響を与える特定外来生物に指定されているブラックバスが、短期間でため池の水生生物を大量に捕食してしまうという調査結果を、宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団(栗原市)と宮城大食産業学部農村生態工学研究室がまとめた。水槽ではなく野外でこのようなデータが得られたのは全国でも初という。

 それによると、県北のあるため池で昨夏、堤が崩落して外部の水路からバスが侵入したケースがあった。侵入から13日後にバスを駆除し、82匹を捕獲。これらの胃の中から1匹あたり平均3匹の水生生物が出てきたという。

 これをもとにバスが13日間に捕食した生物の総数を計算したところ、タナゴ1687匹、ハゼ科のトウヨシノボリ400匹、エビ類718匹、アメリカザリガニ267匹の計3072匹と推定。ため池に生息する生物約9千匹の3分の1が一気に消滅したことがわかった。

 同財団の藤本泰文研究員は「バスが短期間侵入しただけで他の生物を全滅させる恐れがあり、さらに駆除に力を注ぐ必要がある」と話している。調査結果は「伊豆沼・内沼研究報告第3号」(500円)で紹介されている。問い合わせは同財団(0228・33・2216)へ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ダム湖などの人造湖ならまだしも、
自然湖にバスが入り込むと、それこそ在来種は危機的な状況になってしまいます。

バスについては、キャッチアンドリリースをしないというような運動もあるそうです。

いろいろと問題の多い外来魚です。

ニックネーム 福本健一 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック