2009年08月21日

外来生物法違反で逮捕者!

以下のようなニュースがありました

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ブラックバス運んだ疑い 42歳男「彼女に見せようと」2009年8月20日

 特定外来生物のブラックバスの一種、オオクチバスを釣って生きたまま運んだとして、奈良県警吉野署は19日、大阪市生野区の電気工事士の男(42)を外来生物法違反(運搬の禁止)容疑で現行犯逮捕したと発表した。ブラックバスは生態系を壊す恐れがあるとして、運搬や飼育が禁止されている。県警によると、同容疑での逮捕は珍しく、男は「釣ったバスを彼女に見せようと思った」と供述しているという。

 吉野署によると、男は19日午前11時10分ごろ、同県下北山村の池原ダムで、釣ったオオクチバス2匹(体長53センチ、同54センチ)をクーラーボックスに入れて車に運搬した疑いが持たれている。

 バス釣り愛好家の間では、池原ダムは人気スポットとして知られている。男は6月ごろ、ダムそばの禁漁区域で釣りをし、署員から注意を受けていた。この署員が19日、同じ禁漁区域で釣りをしている男を見かけ、職務質問をして発覚したという。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ついに、逮捕者が出たか!という感じです。

外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)というのは、どのようなものかというと、以下のような目的が定められています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(目的)
第一条  この法律は、特定外来生物の飼養、栽培、保管又は運搬(以下「飼養等」という。)、輸入その他の取扱いを規制するとともに、国等による特定外来生物の防除等の措置を講ずることにより、特定外来生物による生態系等に係る被害を防止し、もって生物の多様性の確保、人の生命及び身体の保護並びに農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて、国民生活の安定向上に資することを目的とする。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「飼養、栽培、保管又は運搬」について、様々な規制があるということです。

で、実際には、以下の規定があります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(飼養等の禁止)
第四条  特定外来生物は、飼養等をしてはならない
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「飼養等」=「飼養、栽培、保管又は運搬」ですから、
今回の男は「運搬」をしていたということで、逮捕されたわけです。

釣りをする方は、気をつけてくださいね。
「知らなかった」では済まされない話ですので。

この男は、違法であることを知っていたようですが・・・

ちなみに、今回のケースの罰則は、
「一年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」
となっています(同法33条)。

ニックネーム 福本健一 at 08:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする