2009年06月24日

ヘビの散歩?!

スネークウォーカー?

飼っているヘビを公園で散歩させたことがきっかけで、
無許可で特定動物(いわゆる危険動物)や特定外来生物を飼っていたことが発覚し逮捕された男のニュースがありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
カミツキガメ飼育容疑で逮捕 ヘビの散歩から発覚
2009年6月22日23時9分

 特定外来生物のカミツキガメなどを無許可で飼ったとして、群馬県警は22日、沼田市の男(50)を外来生物法違反容疑などで逮捕した。

 「公園で大きなヘビを放して散歩させている」との相談があり飼い主宅を捜索したところ、甲羅が最大で31センチのカミツキガメ5匹とワニガメ1匹、ニシキヘビらしい死骸(しがい)が見つかった。

 男は「500円玉程度の大きさのカメを5年かけて育てた。ヘビやカメが好きだった」と話したという。県警幹部は「ヘビでアシがつくなんて」とあきれていた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

以前にも話をしましたが、このカミツキガメは可哀想な動物で、
外来生物法上の特定外来生物であり、かつ動物愛護法上に基づく都道府県条例上の特定動物にも指定されているという「二重苦」なのです。

もちろんそれは人間の勝手な区分けです。
カメに罪はありません。

ニックネーム 福本健一 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする