2009年05月22日

犯人捕まる!

中央大学の教授殺人の容疑者。
それから、先日お知らせした鳩の大量惨殺の犯人。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ハト大量死、飼い主の男逮捕 不法投棄・虐待の疑い
2009年5月21日10時7分

 山形県寒河江市中央工業団地の農業用水路でハト125羽の死骸(しがい)が見つかり、寒河江署と県警生活環境課は20日、同市寒河江のダンプ運転手、渡辺誠容疑者(53)を廃棄物処理法違反(不法投棄)と動物愛護法違反(虐待)の疑いで逮捕した。容疑を認めているという。

 調べでは、渡辺容疑者は今月、自宅の鳩舎(きゅうしゃ)で飼っていたハトにエサをやらずに衰弱させ、首を絞めるなどして113羽を殺し、15〜17日、発見現場上流の同市柴橋の用水路に125羽を捨てた疑い。12羽の死因は不明という。

 同署などによると、渡辺容疑者はハトを数百羽飼っており、自宅から投棄現場までは1〜2キロという。ハトの多くは脚を切断されていたが、レースバト用の足環(あしかん)がついたままの脚があった死骸から、渡辺容疑者が浮上した。動機などをさらに調べている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

鳩のレースが趣味だったようですね。
飽きてしまったのか、飼うのが面倒になったのか?
可愛かったはずの鳩を殺すに到った動機は何なのか?

かわいそうな鳩たちのためにも、真相の究明がされますことを!

ニックネーム 福本健一 at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする