2009年05月20日

動物虐待2題

我が国の中のニュースです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<ハト死骸>用水路に123羽 山形の工業団地
5月18日20時48分配信 毎日新聞

 山形県寒河江市中央工業団地の農業用水路で17日から18日にかけて大量のハトの死骸(しがい)が見つかった。県警寒河江署は、動物愛護法違反や廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いもあるとみて調べている。

 同署などによると、ハトの死骸は計123羽で、多くは首を絞められるなどして死んでおり、用水路(幅50センチ、深さ50センチ、水深9〜18センチ)を中心に約300メートルにわたって散乱していた。一部は腐敗していた。大半が刃物のようなもので片足を切断されていた。レース用のハトは個体識別番号を記した足輪をつけていることから、同署はレースバトの所有者を特定できないよう足を切断した可能性もあるとみている。
【浅妻博之】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

野良猫虐待か 皮膚ただれて7匹死傷 警視庁捜査
5月19日18時7分配信 産経新聞

 東京都世田谷区中町の公園周辺で2月ごろから、7匹の野良猫が皮膚がただれて死傷していたことが19日、NPO法人「ねこの代理人たち」(同区)への取材で分かった。薬品をかけられるなど虐待を受けていたとみられ、同法人から相談を受けた警視庁玉川署は動物愛護法違反の疑いで捜査している。

 同法人によると、公園や付近の路上などで、首や背中の皮膚が焼けただれたような状態になり、肉がむき出しになった猫が7匹見つかり、うち3匹は死亡した。猫を治療した動物病院は「薬品か熱い油をかけられたのではないか」と診断したという。

 同法人は現場付近に被害を知らせるポスターを張って注意を呼びかけている。

 公園は住宅街にあり、幼い子供と母親らが多く訪れる。近所の主婦、山田晃子さん(34)は「うちには1歳の子供がいるので、矛先が子供にむかないか怖い」と不安な様子だった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

とりわけ、ネコについては、記事中にありますように、
対人間への行為への予兆とも見られますので、注意が必要です。

忌まわしい事件です。

ニックネーム 福本健一 at 07:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする