2009年05月30日

第2回 動物愛護管理法を見直す会

昨日、永田町の議員会館で開かれました。

不肖ワタクシ、こちらの特別顧問ということになっています。

そのほか何人か特別顧問がいらっしゃるのですが、
ほとんどが「衆議院議員」という肩書き。
「行政書士マルケン事務所 所長」が同列というのは、なんか気が引けます。

ともあれ、第2回が開かれました。

今回は、元歌手の佐良直美さんをゲストに招き、
ペット問題についてお話をしていただきました。

佐良さんは、栃木県那須で家庭犬のしつけ教室『アニマルファンスィアーズクラブ(AFC)』を主宰しているほか、優良家庭犬普及協会において専務理事を務めているということで、我が国のペット問題には様々な問題意識を持っているとのこと。

スケジュールの都合で、短い時間となりましたが、
殺処分・避妊手術の話など、面白い内容だったと思います。

そのほか今回は、いろいろな動物保護団体の方々が参加し、
種々の実態報告や問題提起をされました。

次回からは、実際に動物愛護法の文言をどのように変えるのかという討議に入っていくことになります。

ニックネーム 福本健一 at 08:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

メディア2題

昨日は、奇しくも、テレビ関係2社から、ペットトラブルに関する問い合わせを受けました。

HPをアップしていることもあり、結構な頻度で、各種メディアから問い合わせを受けます。

今回は、もしかしたら、「出演」になりますかねぇ?
なったらいいんですが・・・(笑)

29日(金)には、第2回動物愛護管理法を見直す会に出席してきます。
ニックネーム 福本健一 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

犯人捕まる!

中央大学の教授殺人の容疑者。
それから、先日お知らせした鳩の大量惨殺の犯人。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ハト大量死、飼い主の男逮捕 不法投棄・虐待の疑い
2009年5月21日10時7分

 山形県寒河江市中央工業団地の農業用水路でハト125羽の死骸(しがい)が見つかり、寒河江署と県警生活環境課は20日、同市寒河江のダンプ運転手、渡辺誠容疑者(53)を廃棄物処理法違反(不法投棄)と動物愛護法違反(虐待)の疑いで逮捕した。容疑を認めているという。

 調べでは、渡辺容疑者は今月、自宅の鳩舎(きゅうしゃ)で飼っていたハトにエサをやらずに衰弱させ、首を絞めるなどして113羽を殺し、15〜17日、発見現場上流の同市柴橋の用水路に125羽を捨てた疑い。12羽の死因は不明という。

 同署などによると、渡辺容疑者はハトを数百羽飼っており、自宅から投棄現場までは1〜2キロという。ハトの多くは脚を切断されていたが、レースバト用の足環(あしかん)がついたままの脚があった死骸から、渡辺容疑者が浮上した。動機などをさらに調べている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

鳩のレースが趣味だったようですね。
飽きてしまったのか、飼うのが面倒になったのか?
可愛かったはずの鳩を殺すに到った動機は何なのか?

かわいそうな鳩たちのためにも、真相の究明がされますことを!
ニックネーム 福本健一 at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

動物虐待2題

我が国の中のニュースです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<ハト死骸>用水路に123羽 山形の工業団地
5月18日20時48分配信 毎日新聞

 山形県寒河江市中央工業団地の農業用水路で17日から18日にかけて大量のハトの死骸(しがい)が見つかった。県警寒河江署は、動物愛護法違反や廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いもあるとみて調べている。

 同署などによると、ハトの死骸は計123羽で、多くは首を絞められるなどして死んでおり、用水路(幅50センチ、深さ50センチ、水深9〜18センチ)を中心に約300メートルにわたって散乱していた。一部は腐敗していた。大半が刃物のようなもので片足を切断されていた。レース用のハトは個体識別番号を記した足輪をつけていることから、同署はレースバトの所有者を特定できないよう足を切断した可能性もあるとみている。
【浅妻博之】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

野良猫虐待か 皮膚ただれて7匹死傷 警視庁捜査
5月19日18時7分配信 産経新聞

 東京都世田谷区中町の公園周辺で2月ごろから、7匹の野良猫が皮膚がただれて死傷していたことが19日、NPO法人「ねこの代理人たち」(同区)への取材で分かった。薬品をかけられるなど虐待を受けていたとみられ、同法人から相談を受けた警視庁玉川署は動物愛護法違反の疑いで捜査している。

 同法人によると、公園や付近の路上などで、首や背中の皮膚が焼けただれたような状態になり、肉がむき出しになった猫が7匹見つかり、うち3匹は死亡した。猫を治療した動物病院は「薬品か熱い油をかけられたのではないか」と診断したという。

 同法人は現場付近に被害を知らせるポスターを張って注意を呼びかけている。

 公園は住宅街にあり、幼い子供と母親らが多く訪れる。近所の主婦、山田晃子さん(34)は「うちには1歳の子供がいるので、矛先が子供にむかないか怖い」と不安な様子だった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

とりわけ、ネコについては、記事中にありますように、
対人間への行為への予兆とも見られますので、注意が必要です。

忌まわしい事件です。
ニックネーム 福本健一 at 07:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

海の向こうの動物虐待

我が国はとかく動物愛護については、後進国だと言われます。
ペットを含めて動物は法律上、あくまで「物(ブツ)」ですからねぇ。

それはさておき、アメリカはカリフォルニアで、動物虐待男のニュースがありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
犬:動物虐待男が逮捕され、釈放には4万ドル。
2009年5月12日   

米カリフォルニア州で動物虐待男が逮捕された。

Tab Mitchell容疑者46歳は、自宅庭裏において、ボーダーコリーのミックス犬の首を絞めたり、頭を水中に沈めようとする虐待行為を、二日間にわたって何度も繰り返していたのを目撃した近所の住民が動物愛護団体に通報、男の逮捕に至った。

Tab Mitchell容疑者は、現在、拘留されており、釈放には4万ドルの保釈金が必要だという。男は今週にも出廷が予定されている。

保護された犬は、シェルターにおいて治療の後、新しい里親が探されるという。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

保釈金が4万ドル(約400万円)ですんで、
実際の罰金などがいくらなのかはわかりませんが、
高額な代償ですね。

ニックネーム 福本健一 at 12:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

リードは丈夫ですか?

先日、ネコにリードをつけて、歩いている人を見ました。
散歩をさせているのだと思いますが、あんまり見たことがない光景だったので、ちょっと意外に思えてしまいました。

さて、リードは、犬の散歩に不可欠なものですが(ノーリードは厳禁!)、みなさん、どんなリードを使っていますか?

リードが切れてトラブルになったという相談も、私の事務所に寄せられたことがあります。

交通事故、対人咬傷事故、犬同士のケンカなどなど・・・

そうした中、国民生活センターが先月、リードの強度について
テスト結果を公表しました。

100円均一でも売られているリードですが、
それが一概に切れやすいとも言えないわけでして、
難しい問題であります。

ともあれ、自分のペットを守るという意味で、
やはりしっかりしたものを、選んで欲しいと思う次第です。
ニックネーム 福本健一 at 07:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

白い青

連休中のニュースです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
毒蛇?いえ縁起もの…市道に白蛇現る 神奈川・相模原
2009年5月3日10時6分

 2日午後2時40分ごろ、神奈川県相模原市東林間1丁目の市道に白蛇がいるのを、住民が見つけ、「毒蛇ではないか」と110番通報した。相模原南署員がかけつけ、捕獲して調べたところ、無毒なアオダイショウとわかった。

 体長約1メートルの中型で、全身がきれいな白色。市立博物館と相談し、捕獲場所が住宅街であることから、ペットだった可能性もあるとみて、同博物館で一時保護することになった。

 秋山幸也学芸員によると、もともとは暗緑褐色だったのが、色変わりで白色になったらしいという。白蛇は縁起が良いといわれ、これだけまっ白なものは珍しく、飼い主がいない場合は市内の施設で展示する方針だ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

白い青大将とはこれいかに?

ヘビ年の年賀状に、白いヘビを載せたことを思い出しました。

ニックネーム 福本健一 at 08:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

捨てワニの食費

昨日、千葉県内で、シャムワニが捨てられていたというニュースがありました。

どうやら飼い主は、3月末で派遣切りに遭い、
食費が払えなくて捨てた・・・という置手紙があったそう。

ちなみに、無許可飼育だったようで、明らかな違法行為です。

そんなニュースを見ていたら、
夜更けに電話。

私のHPペットトラブル110番 http://www.pettrouble110.com/ を見たという某大手新聞社の方からで、今回のワニの件について聞きたいとのこと。

動物愛護法上の特別動物(いわゆる危険動物)にあたる可能性があるから、
そんな話なのかな・・・と思いきや、

「ワニの1ヶ月の食費はどれくらいかかるか、わかりますか?」

確かにうちは、ペットトラブル扱ってますけど、
ワニの食費までは、解らないですよねぇ・・・(笑)

「どこへ聞けばいいのでしょうか?」
とおっしゃるので、

「動物園とか水族館じゃないでしょうか」
と答えるしかありませんでした。

お気持ちはよくわかりましたが、答えられない質問もあります。

当事務所では、様々なペットトラブルに対処いたします(笑)

ニックネーム 福本健一 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

野生の鳥は飼ってはいけません

久々に時事ネタです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「かわいくて…」無許可でメジロ飼育、男3人を書類送検
4月30日18時0分配信 産経新聞

 都知事の許可を得ずに野鳥を飼育したとして、警視庁亀有署は30日、鳥獣保護法違反の疑いで、東京都葛飾区水元、無職の男(73)と隣家の無職の男(68)を書類送検した。同署によると、2人は容疑を認め、「かわいくてやめられなかった」などと供述している。

 同署の調べによると、男は今月8日、自宅のベランダなどでメジロ5羽とヤマガラ1羽を、隣家の男は自宅ベランダでメジロ6羽を無許可で飼育した疑いがもたれている。

 同署によると、男は3年前に友人から雄のメジロ1羽を譲り受け、自宅庭先でメジロの鳴き声に寄ってくる野鳥を「落としカゴ」というわなで15〜16羽捕獲。鳴き声の悪い野鳥は逃がして、残りを飼育していた。

 一方、東村山署は、捕獲したメジロ6羽を飼育していたとして、鳥獣保護法違反の疑いで、同市の無職の男(68)を書類送検した。同署によると、男は「姿や声がきれいなので飼っていた」と容疑を認めている。

 同署の調べによると、男は昨年10月中旬から2月上旬までの間、自宅でメジロ7羽を飼っていた疑いがもたれている。同署員が住宅地を巡回中、メジロの鳴き声が聞こえたため発覚した。

 同署によると、男は窓ガラスにぶつかったメジロを保護しているうちに他にも飼育したくなり、落としかごを使って6羽を捕まえた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

逮捕された方々、おそらくは退職後の余暇で、飼っていたのだと想像できます。けれど、逮捕されてしまっては、充実した「老後」というわけにはいきません。

動物虐待にしてもそうですが、刑事罰があることを忘れてはなりません。警察の方々も、最近はその辺の意識が高くなっています。

「知らなかった」では済まない話です。
(逮捕された人たちは、違法であることを知っていたようですが・・・)


ニックネーム 福本健一 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする