2009年03月25日

動物愛護法の改正に向けて

某テレビ局の担当者から、ペットトラブルに関する問い合わせを受け、以下のような回答をしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−
トラブルとしては、大きく分けて4つです。

1.犬の咬傷事故・・・咬んだ、咬まれたのトラブル

2.売買トラブル・・・買ってすぐ死んでしまった、病気を持っていた、
           インターネット売買はトラブルが多いです。

3.近隣トラブル・・・臭い・汚い・うるさいの三大苦情
            ペット禁止の集合住宅のトラブルも多いです。

4.対業者のトラブル・・・獣医の医療過誤、トリマーのミスによる怪我

などですね。

あとは、ペットの交通事故も、多い相談です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

その後、電話でお話をしまして、
ペットのインターネット売買におけるトラブルについて、
法的な規制が必要だ!と主張しました。

そうしましたら、2010年の動物愛護法の改正(これは、改正されることが決まっています)に向けての会が発足し、第1回の会合に招待されました。

この会には、国会議員の先生方を初め、各方面の有識者も参加されるようです。

4月10日に議員会館で行われます。
ご報告をいたしますね。

ニックネーム 福本健一 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする